ご依頼の流れ

現在地 : トップページ > ご依頼の流れ

Order Flow

ご依頼の流れ

ご依頼の流れ(住宅の場合)

1. ご相談

ご都合の良い日に当事務所にて、あるいはこちらから訪問させていただき、生活スタイルや住まいに対するご要望、敷地や予算などについてお話を伺います。また、設計・工事期間を通して長いお付き合いとなりますので、私たちの「家づくり」に対する考え方やこれまでの仕事について説明をさせていただきます。「この土地の購入を検討しているのだが、どんな建物が建つのだろうか」といった疑問、土地探しからのご相談でも結構です。私共のネットワークで土地探しからお手伝いさせて頂きます。

2. ご提案の作成

実際に敷地に行き、周辺環境や法規制を把握するとともに、お伺いしたご要望を整理しながら、様々な可能性を検討します。その中で最もご要望に沿った案を、図面やイメージスケッチ、模型等を用いて提案させていただきます。
打合せを重ねる中で、新たな要望や気づかなかった事が出てきて、大きく案が変わることもあります。あくまでひとつの可能性として検討していただき、私たちの「家づくり」に対する姿勢を気に入って頂ければ、設計・監理契約を結んでいただき、より具体的な設計(基本設計)が始まります。

3. 基本設計

ご提案を見て気付かれたことや新たなご要望を取り込いれつつ、より詳しい図面や模型を用いて、完成時のイメージを明確にしていきます。この段階が「家づくり」にとって最も重要な段階ですので、妥協せずじっくりと時間をかけて、納得のゆくまで検討を重ねます。
同時に、構造や設備の協力事務所とチームを組み、技術面での検討も進めていきます。

4. 実施設計

基本設計で家の全体像が決定したところで、施工会社に設計の意図を伝えるための図面作成が始まります。断熱や遮音、採光など家の性能を満たすための専門的な仕様決定の他、具体的な仕上げ材料の仕様や、キッチン・浴室などの設備等ついてもご要望を伺いながら決定していきます。

5. 見積・工事請負契約

施工会社に工事見積依頼を行い、見積書の内容が適正かどうかを確認し、施工会社選定のアドバイスをさせていただきます。工事金額だけでなく、これまでの実績やアフターサービスの体制なども加味しながら施工会社を選定し、工事請負契約の締結となります。私たちも工事の監理者として同席し、署名捺印いたします。

6. 確認申請

工事見積依頼と並行して、管轄の公庁または民間申請機関に建築確認申請を提出し、法的な適合性の確認を受けます。事前に協議を行いますので、計画が大きく変わることはありません。担当地域の審査機関で異なりますが、一般住宅で2~3週間程、構造計算を要する場合は更に日程を要する場合があります。
敷地によっては建築確認申請以外の許認可申請や諸届が必要となることもあります。

7. 着工

地鎖祭を行い、工事の安全を祈願してから工事スタートです。

8. 工事

基礎工事開始(着工)と同時に工事監理が始まります。完成までの間、工事に落ち度がないか、図面通り施工されているか細かくチェックし、各工程で工事検査をします。出来上がってしまうと見えなくなる部分が家の性能に大きく影響しますので、品質を確保するために重要な段階となります。
仕上げ材の最終決定や色などについては、家の出来栄えを大きく左右しますので、工事の進捗状況に応じて、ご相談の上最終決定いたします。

9. 引渡し

工事完了後、管轄の官公庁または民間申請機関の完了検査を受け、引渡しとなります。さあ、いよいよ新しい生活の始まりです。

10. サポート

暮らし始めると、新たに気がつくことが色々出てきます。施工会社もアフターサービスで訪問しますが、困ったことや直して欲しい部分が発生したら遠慮なくお問い合わせください。大切な家づくりをご一緒させて頂いたのですから、完成後も末永くお付き合いをさせて頂きたいと思います。

▲Page Top